概要

名称 宗教法人 天将神社

目的 この法人は礼拝の施設その他の財産を所有し、これを維持運   用し、その他の「天将神社の教義」をひろめ、儀式行事を行い、信者を教化育成し、あまねく人類に誠愛を施し、その他この神社の目的を達成するための業務を行うことを目的とする。

……

祭神

主祭神は古事記による高天原に最初に出現した別天(ことあま)つ神の五柱を称し奉る。

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
高皇産霊神(たかみむすびのかみ)
神皇産霊神(かみむすびのかみ)
天之常立神(あめのとこたちのかみ)
宇麻志阿志加美比古遅神(うましあしかびひこじのかみ)

とくに宇麻志阿志加美比古還神を天将大神と称し奉る。

……

天地初めて發けし時、

高天原に成りし神の名は、天之御中主神、

次に高御産巣日神、

次に神産巣日神、

この三柱の神は、みな獨神と成りまして、身を隱したまひき。

次に国稚く浮ける脂の如くして、海月なす漂えるとき、

葦牙の如く萌え騰る物によりて、

成りし神の名は宇摩志阿斯訶備比古遲神、

次に天之常立神。

この二柱の神もまた獨神と成りまして、身を隱したる。

上の件の五柱の神は、別天つ神。

(古事記より抜粋)