おまいりのご作法

明治時代に入り、神社とお寺を分けるまで、

おまいりのご作法はその神社仏閣ごとに

それぞれのやり方がありました。

でも、神仏分離という政策で神社とお寺のご作法は

明確にわかれました。

神社は

二回お辞儀をして、二回柏手を打ち、一回お辞儀をする

二礼二拍手一礼

お寺は

手を合わせて拝む(音は鳴らさない)

です。

出雲大社の二礼四拍手一礼のように

独自のご作法を残しているところもありますし

私も、行事では八拍手のこともありますが

天将神社では、一般的な神社と同じく

皆様には「二礼二拍手一礼」でお参りいただいております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。