古事記

天地初めて發けし時、

高天原に成りし神の名は、天之御中主神、

次に高御産巣日神、

次に神産巣日神、

この三柱の神は、みな獨神と成りまして、身を隱したまひき。

次に国稚く浮ける脂の如くして、海月なす漂えるとき、

葦牙の如く萌え騰る物によりて、

成りし神の名は宇摩志阿斯訶備比古遲神、

次に天之常立神。

この二柱の神もまた獨神と成りまして、身を隱したる。

上の件の五柱の神は、別天つ神。

(古事記より抜粋)

現代語訳

天と地が初めて分れたとき

高天原(タカマガハラ)に出てきた神の名前は天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)、

次に高御産巣日神(タカミムスビノカミ)、

次に神産巣日神(カミムスビノカミ)です。

この三柱の神は独神で姿は見えません。

次にまだまだ国土が稚く、水に浮いている油のように、クラゲのように漂っている状態のとき

すると葦(アシ)の芽が伸びてくるように

産まれたのが、宇摩志阿斯訶備比古遲神(ウマシアシカビヒコヂノカミ)

次に天之常立神(アメノトコタチノカミ)です。

この二柱も独神で姿は見えません。

この五柱の神様は別天つ神という特別な神様です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です